梅雨入り

【関東の梅雨入り予想】2020年はいつ?例年の平均との違いを気象予報士が解説

【関東の梅雨入り予想】2020年はいつ?例年の平均との違い【気象予報士が解説】

 

Tomomi

こんにちは。

気象予報士ともみです。

 

2020年の関東と甲信地方の梅雨入りはいつかな?

 

梅雨に入ってしまうと、屋外の予定を立てづらかったり

部屋の湿気対策など必要になるので、

梅雨入りの時期を知って、準備しておきたいですよね。

 

Tomomi

そこで、気象予報士の私が、

関東と甲信地方の梅雨入り時期を予想したいと思います。

 

関東と甲信地方はこちら↓

 

  • 東京都
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 茨城県
  • 千葉県
  • 神奈川県
  • 長野県
  • 山梨県

 

 

梅雨入り・梅雨明けの時期は、

直近の天気図を確認しないと、はっきりした予想はできませんが、

ここでは、平年値からおおよその時期を予想しています。

関東の梅雨入り例年の平均はいつ?

関東の梅雨入り予想!2020年はいつ?例年の平均との違いを気象予報士が解説

 

関東と甲信地方の梅雨入りは、例年の平均が、6月 8日ごろです。

 

発表は、東京管区気象台

 

気象庁じゃないんだね、びっくり!
Tomomi

そう、意外だよね。

 

そして、その東京管区気象台は、

次の条件を判断して梅雨入り宣言をします。

 

  • 晴天が2日以上続いたあとに前日と本日が雨。
  • 梅雨前線がある。
  • さらにその後1週間の天気予報が5日以上雨または曇り。

 

こうして判断して発表された梅雨入りのデータ、

なんと気象庁では1951年からとっているんです。

 

梅雨入りの平年値は1951年からのデータ

 

梅雨入り・梅雨明けのデータは、1951年から記録が残っています。

そんなに長い期間の記録があるってすごいね!

 

一般的には、使えるデータの期間が長いほうが、

より正確な値に近づくのですが、

気象の場合、気候変動や温暖化などの影響もありますよね。

 

そのため、気象庁では、気温・降水量・日照時間の平年値を算出する場合、

10年ごとに更新しています。

 

そのため、次のようになります。

 

2001年~2010年までは、1971~2000年の観測値の平均

2011年~2020年までは、1981~2010年の観測値の平均

 

そう考えると、梅雨入り・梅雨明けに関しても、

1951年~の平年日のほかにも、

もう少し現代に近い期間での平均も気になりますよね。

 

Tomomi

そこで、2000年以降の梅雨入りの平均も調べてから、

2020年の梅雨入りを予想してみました。

 

2020年の関東の梅雨入り時期の予想

関東の梅雨入り予想!2020年はいつ?例年の平均との違いを気象予報士が解説

 

結論からさきに言ってしまうと、

2020年の関東と甲信地方の梅雨入り時期は、

6月1日~6月15日の間頃だと思います。

 

その理由ですが、関東と甲信地方の梅雨入り時期が、少しずつ早まってきているからです。

 

2000年以降で梅雨入りした日と、

その日の平年との差を下の表にしてみました。

 

梅雨入り平年(6月8日)との差
2000年6月 9日ごろ+1
2001年6月 5日ごろ-3
2002年6月11日ごろ+3
2003年6月10日ごろ+2
2004年6月 6日ごろ-2
2005年6月10日ごろ+2
2006年6月 9日ごろ+1
2007年6月22日ごろ+14
2008年5月29日ごろ-10
2009年6月 3日ごろ-5
2010年6月13日ごろ+5
2011年5月27日ごろ-12
2012年6月 9日ごろ+1
2013年6月10日ごろ+2
2014年6月 5日ごろ-3
2015年6月 3日ごろ-5
2016年6月 5日ごろ-3
2017年6月 7日ごろ-1
2018年6月 6日ごろ-2

 

 

平年より早く梅雨入りした年を-(マイナス)、

逆に、平年より遅く梅雨入りした年を+(プラス)として計算してみると、

2000年ー2018年までの合計は、-15

 

それを19年間で割ると、0.789・・・

小数点第2位以下を四捨五入すると0.8

 

平年との差は、約+0.8なので、

6月8日~6月9日くらいとなります。

 

2000年以降のデータも、

1951年以降のデータとほとんど変わらないね。

 

Tomomi

そうだね、

だから2020年も梅雨入りの時期の変動は、そんなに起こらないと予想するよ。

 

梅雨入りの平均を見ると、

1951年からの全期間平均も、

2000年以降の平均もほとんど同じなので、

2020年の梅雨入りもこの傾向が続くと考えます。

 

そのため、6月1日~6月15日の間に梅雨入りすると予想します。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

Tomomi

大学在学中に気象予報士に合格。 ほかに防災士や化粧品検定1級にも合格。   天気の豆知識や、災害への備え、防災対策、気候にあわせた服装など役立つ情報を発信しています。

-梅雨入り

© 2020 天気アカデミー|天気の話と災害・防災対策をお届けします。